アテンザ、3万キロ走破

  • 2020.01.19 Sunday
  • 21:00

 

 ●アテンザと言う車はなくなりました(マツダ6になった)が、3年と1箇月で3万キロに到達しました。自分としては走行距離は多い方です。前のスカイラインが1年で5千キロくらいで、その前のスカイラインは1年で3千キロでした。どうしてもそれと対比してしまいますから、多く感じています。ドライブが趣味の方から見たら、彼らの1箇月分とわたくしの1年分は同じくらいでしょう。

13年は乗り続ける予定ですので、きっと13万キロから14万キロくらいでしょうか。もっと走る車ですから、今後も、いろいろと楽しんだり思い出を作ったりしたいと思います。

 

三連休。三日仕事で一日釣り???

  • 2020.01.11 Saturday
  • 20:00

JUGEMテーマ:魚釣り

三連休で、三日とも会社に行きながら1回は釣りにも行くという、ボロボロの心身に鞭を打つような行動力(?)でヤマハマリーナ沼津さんから内浦湾に行きました。前回は大荒れの海象で1時間程度の荒天の中の操船練習のようでしたが、打って変わって今日の午前中は静穏です。大出力のエンジンが装備されている前回と同じ艇で、今日は一気に大瀬崎前のポイントに向かいました。釣り始めてすぐに定番の外道が釣れますので、ポイントは正解のようです。数尾目で狙いのアカアマダイを百合子がGETしました。とりあえずこれでOKです。釣り開始早々は雲が多かったのですが、昼前にはくっきりと富士山も見えてきています。ただし、この好天とは裏腹に釣果が伸びません。外道が適度に釣れるので楽しいのですが、本命が…。それでもおいしい良型のキダイも釣れましたので、ポイントを移動して続行しました。その後も外道が多く釣れましたが、地域柄午後になると風が出てきますので、それに合わせて帰港です。

釣りの後は沼津港に行き、こちらも定番の海鮮料理をいただきます。写真は武が注文した近海モノの刺身定食で、百合子は同じく近海モノの握りセットです。時間的にもちょうどよかったのか渋滞なく帰宅でき、仕事中心・趣味パッパッパの沼津釣行でした。休憩・仮眠(!)後には会社に行きますので、まずは入浴後すぐに寝ました。今だけだよ、こんなムリ(笑)。
 

初詣?

  • 2020.01.02 Thursday
  • 18:02

JUGEMテーマ:初詣

 

初詣とは、いったい何を以て言うのでしょうか。と言うのも、わたくしは大晦日の夜に家を出て除夜の鐘を撞いた後に日をまたいで最初にそのお寺を参拝しています。そして、その境内にある薬師様にも挨拶をしてから帰宅して、そしてまた徒歩で近隣の神社に行きました。元日の朝には出勤して、最初に会社の工場内にある雷神社に参拝して歳旦祭の祭式を行っています。昼過ぎに帰宅して、当家の住む旧字「中里」の氏神様にお参りしました。今日は毎年恒例のだるま市を見に拝島大師とその隣の日吉神社、さらに時間があったので福生市の熊川まで歩き熊川神社を参拝して境内にある七福神にも願い事をしてきています。いったい、いつ・どこの・何を以て初詣と言うのでしょうか。つい1週間前にクリスマスのパーティーがあったこの日本の風習が好きなのでどれが初詣でもイイのですが、聴かれたときに間違っていないかが心配です。まっ、間違いなんてなくて、むしろ正解も無いのでしょうネ。

 

毎年恒例のだるま市見物(購入)ですが、ウチも恒例なら業者さんも恒例で、同じ顔を何人も見ます。皆さん元気なようですネ。大師内は伽藍に変更があるため、以前に増して混雑していましたが、なぜかこの部分だけ数秒だけ人がいなくなりました。変な感じです。 

   

  歩くのに時間がかかりますが、丸暴資金源を作っているテキヤの兄ちゃんたち(眉毛を加工していたり、刺青をチラ見せしている奴ら)を拝見するのも面白い気がします。調理師免許のあるわたくしから言わせていただくと、食品衛生法も何法もあったもんじゃないです。基本、買いません、ってか買って食べる勇気がありません。その手の人たちを見ながら隣の日吉神社に移動しました。日吉神社と大日堂。どちらも行列以外の部分は、人が多くはありません。行列はこんな感じで、下の大通りまで続いています。最後部の参拝には、あと1時間くらいでしょうか。わたくしは並ばず、横から横顔を拝みます。お賽銭はもちろん、後日払い(笑)ですよ。


 

 

くっついている拝島大師・大日堂・日吉神社を参拝した後、時間もあったし歩行距離も短かった(まだ10kmくらいしか歩いていない)ので、一駅隣にある熊川神社に行きました。ココは、わたくしの後輩が宮司を勤めて(務めて)いる神社ですが、それはどうでもイイ感じです。神社で当家二世帯の家内安全と航行・交通安全を祈願した後は、目的の七福神の恵比寿さんで大漁祈願しました。

 

帰途、初詣について考えながら、そして多くのいろいろな祈願したことも考えながら、自宅に帰着前にもう一度氏神様の神明社に寄っています。あと一つだけ祈願したいことがあるので(贅沢ですか?)、近々に別なところに行こうと思います。今日の歩行距離は17km、もう少し歩きたいですネ。

 

新年、あけましておめでとうございます。

  • 2020.01.01 Wednesday
  • 20:00

JUGEMテーマ:初詣

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。実際には大晦日の報告書かもしれませんが、こちらも恒例の、除夜の鐘を撞きに流泉寺に行きました。紅白歌合戦が終わるのが午後11時45分で、ココ数年はゆく年くる年を観てから出発していましたが、百合子が就寝してしまいましたので武一人で日が変わる前に家を出ました。道はガラガラですがのんびりと走ったので到着は新年で、今年の順番は94番(去年が95番で、それより前は108番以内に入っていません)でした。鐘を撞いたら、境内にある薬師様にも初詣して帰ります。帰宅後はすぐに徒歩で、家の近くの阿豆佐味天神社に向かいました。このパターンは初めてなのですが、今年は日が変わってから2時間、甘酒を振舞うとポスターがあったので行ってみたのです。先の流泉寺と阿豆佐味天神社の2箇所で甘酒をごちそうになりました。そして氏子さんにご縁(5円)を頂戴して家に帰り、未明までバラエティー番組を観てから就寝です。

 

 

さて、その後は午前中に、会社の埼玉県の工場に鎮座されている雷神社の歳旦祭を行います。誰もいませんので、武独りで祝詞奏上し新年のあいさつをしました。毎年のことですが、この歳旦祭は誰もいないのですが一番好きな行事です。会社では今年から働き方改革の一環として大型連休中の会社への入場を禁止していますが、会社の商売繁盛や社員の交通安全を歳旦で祈願させていただいているので、今日は仕事もしましたし祭式を行いました。6時間くらい仕事しても終わらないので、工場内を巡回点検し、ついでに工場の屋上から富士山を撮影して、お客様をおもてなしするために帰宅しました。


テーブルに置ききれないほどたくさんの料理を百合子が作ってくれましたので、今日はみんなでのんびりとお酒を飲みました。この3日間で既に、体重が2kgも増えている…。


 

大晦日

  • 2019.12.31 Tuesday
  • 20:00

JUGEMテーマ:墓参り

毎年、大晦日に墓の清掃に行き、先祖への新年のあいさつは妹家族に任せています。今年も同じパターンで、わたくしどもは墓の清掃に行きました。白のマニュキアを事前に購入し、今回は文字の薄くなった部分をタッチアップです。これについては暫定的な処理なので、改めてアクリル塗料等で補修したいと思います。しかし、これがイイことかどうかはわかりませんが、すでに過去2回も百合子と補修しているので、近隣の他の墓石と比し数段きれいな状態でした。

先祖と言っても父と母だけが入っていますが、挨拶を済ませて、大晦日の夜と元旦に来訪されるお客様のおもてなしの準備、年越しそばとお節料理の準備のためにスーパーに立ち寄ってから帰りました。

 

2019年の釣り納め

  • 2019.12.28 Saturday
  • 21:00

JUGEMテーマ:魚釣り

 

会社の上司お二人と百合子の4人で、今年最後の魚釣り「2019年釣り納め」に、城ケ島沖に行ってきました。今日の利用は三崎港うらりさんで、ココから島下と言われる城ケ島北側の沖合にアマダイを狙いに出艇します。予報通りの強風に、出艇はギリギリのところです。そのため、前回同様に注意しながら減速しての航行となりました。

目標のポイントには、正月用のアマダイを狙ったと思われる遊漁船団がいて、希望の場所から安全な距離をおいて釣り開始です。激しいうねりと強風に煽れ、操船に専念しても道糸が立たない状況でした。数投しても釣りにならないことがわかりましたので、一気に風とうねりが避けられる浅場に移動です。ザバンザバンと浸水しながら到着した相模湾側三崎港の釜根付近で、錨泊してカワハギを狙いいます。釜根はカワハギの一級ポイントですが、浅い岩礁があるのと遊漁船が多く来るので避けました。

錨泊したのでキャプテンであるわたくしも釣りをすることが出来るようになり全員で再開すると、さすが工場長に最初の魚がヒットしました。残念ながらキタマクラでしたが、釣れないより外道でも釣れた方が楽しいのが釣りです。皆さん一気に戦闘モードに突入しました。キタマクラやベラなどに苦戦しているなか、今年も均衡は武が破りました。小型でしたがアカハタです。そして、これをリリースすると、続けて良型のアカハタが釣れました。胴突きカワハギ仕掛け2名、ハナダイ仕掛け1名と武のテンヤ仕掛けで、このテンヤが功を奏した感じです。その後もキタマクラの猛襲が続くのと、風やうねりが収まったので、城ケ島北側の浅場で、本格的にカワハギを狙うことにします。良好なポイントに入れたのですが、ココでも皆さん外道のみで、再び均衡を破ったのは武でした。良型のカワハギは25cmあり、まずはキャプテンとしてポイントの選定が間違っていないことを証明です。そして、熱くなったまま、外道のみを追釣して、沖上りの時刻となりました。

帰路は殆ど渋滞がなく、ゆっくりと食事や釣具店2店舗に立ち寄って、無事に早い時間に家に帰着です。それにしてもこの釣り納めはココ数年の恒例行事ですが、2年前の49cmアカアマダイ、昨年のメーターオーバーのシュモクザメ、そして今年の一人だけ本命魚ゲットなど、招待している側が主役となってしまっています。来年は皆さんに釣っていただけるようにポイント選定や操船の工夫が課題でしょう。また、1月の初釣りもアマダイ狙いで沼津の予定ですので、アマダイはコチラでリベンジしてきます。

持ち帰りのアカハタとカワハギとともに、今回の皆さんで記念写真です。武の海側に見えているのが、今日利用した23艇。また、釣果の報告はコチラです。

 

 


 

12月に虹の出現

  • 2019.12.27 Friday
  • 20:00

JUGEMテーマ:

今日は仕事納めです。工場全般に(会社の国内すべての工場で)大掃除が行われていると思います。

びっくりしたのは「虹」です。風がやや強い天気でしたが晴で、各部署では日ごろ行わない窓の外側や換気扇、キャビネットの裏側などを清掃しています。時より外に出ては埃をはたいたりしながらもうすぐ昼食となる時刻に、なんと晴天のままの突然の降雨です。さらにその5分後には、写真の虹が出現しました。まさか、冬12月下旬の仕事納めの日に、天気雨が降り、今年一番のきれいな虹が出現するとは誰も想像していなかったことでしょう。写真は、埼玉の工場の3号棟と品質管理棟の向こうに出現した虹です。

思い返すと、今年の梅雨時でも虹は1回しか見ていませんし、しかもこんなに鮮明ではなかった思います。約30分でしたが、東京と埼玉の工場の多くの社員が見たことでしょう。これも、仕事しない日だったから、皆さんゆっくりと拝見して写真を撮ったりすることが出来たのだと思います。

さて明日は、上司お二人と今年最後の魚釣りです。この虹が幸運を寄せ付けてくれているでしょうか。14時現在の明日の予報は、かなりの強風ととても悪い潮汐です。まずは出られるかどうかですネ。

 

沼津釣行 失敗

  • 2019.12.18 Wednesday
  • 20:00

JUGEMテーマ:魚釣り

2箇月間まったく休みがなかったのですが、ココでやっと休めたので、沼津の内浦湾に釣りに向かいました。天気予報の気象・海象がよくなく、ギリギリで出航できるレベルです。

過労運転は違反なので深夜に家を出て居眠りしないように仮眠しながら現地に到着し、まずは軽く漁港でウオーミングアップしました。適度に釣れた上にマダコまで釣れたので、気分良くマリーナに向かいます。今日の利用は沼津マリーナで、大出力のエンジンを搭載した24F艇です。同型艇でもこれだけ大きなエンジンや装備を搭載したものがないので、好釣果を期待して岸を払いました。 

 

これは朝の富士山で、よく利用させていただく他のマリーナさん越しにきれいに見えています。今日はココではありません。

 

 

さて、港内をスローで出て、一気に大瀬崎に向かうとすぐに海が大荒れです。船底を激しくたたくしスプレーもすごく上がり10ノット強での航走で、この時点で富士山は雲に覆われてまったく見えません。30分位かけてポイント付近に着くと強風で釣りどころではなく、むしろ危険な状況です。安全を最優先し、釣りを中止した時に無線連絡があり帰港指示となりました。マリーナに引き返しますが、今度は追い波追い風の危険かつ難易度の高い操船の状況に、転舵を繰り返しながら30分かけて戻りました。マリーナさんのご厚意によりガソリン代だけの徴収としていただき、余った餌を再び漁港での釣りに使ってから帰路につきます。毎回のことですが、帰途沼津港により、おいしい鮮魚料理を食べてから帰りました。

今度の週末は土日の内の片方は休めそうです(それでも片方だけ…泣)。今回は、沼津まで行って漁港で軽く釣りをしただけになってしまいましたが、年末の業務が終了すると、会社の上司との毎年恒例の釣り納めに行きます。三浦半島の三崎港から出ますが、この時には今日の分も釣り上げたいと思います。

しかし…、2箇月もまったく休まず残業ずくめで働いて(6箇月で4日の休日のみですが)、これじゃーネ。もっと働かないと運がよくならないかなァ…。
 

百合子の誕生日

  • 2019.12.06 Friday
  • 20:00

百合子の誕生日を、息子たちを含めた家族でお祝いしました。還暦を過ぎていますので「お祝い」と言ったらうれしくないのかもしれません。ただ、この歳になると、このようなことで皆が集まることがイイのではないでしょうか。ケーキやプレゼント、手紙などをもらった上に、武の帰宅を待ってお寿司屋さんでパーティーです。これもごちそうになりました。

一方、わたくしからのプレゼントはすでに到着済みですが、アマダイ用の専用竿で、それを使った釣りを計画していました。3箇月以上も休んでいませんのでバチは当たらないのではないかと、誕生日の一日前の5日にフィッシング・クルーザーを予約して有給休暇を申請していましたが、残念ながら前日の夕刻に出勤が決定し百合子を喜ばすこともできず、さらに高額のキャンセル料まで…。本当に残念ですが、管理職なので止むを得ません。仕事の方も山場を迎え、それを越えると休めますので、改めて予約したいと思っています。

さすがに六十数本はローソクが立てられないので、大きいのが6本と小さいのが数本です。
 

紅葉(イチョウ黄葉)

  • 2019.11.30 Saturday
  • 20:00

イチョウの紅葉がピークです。今日も早朝から仕事でしたが、いい加減3箇月以上休んでいませんので疲れて、昼に帰宅しました。久しぶりに明るい時間に何もやることがなく、それなら趣味の散歩です。気温も適度に上がっていましたので、自宅界隈のイチョウ並木など数箇所を約2時間で見て回りました。まずは、真っ黄色のイチョウの木々の隙間から見える、黄色い電車です。黄色が冴える陽の角度とアンダー気味の露光、電車を50cmくらい動かす速度で撮影しました。この後しばらくは青い系統の電車が続き暗くなってしまいますので、一発勝負でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて徒歩20分の昭島市内にある有名なイチョウ並木に行きます。多くの方々が撮影していますし、車も人も多く通る場所なので、タイミングを見計らって撮影しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

帰路、見上げた空と止まれの標識そしてイチョウの葉の見事なコントラストに魅せられて、アングルや設定を変えて、これだけで10枚以上も撮ってしまいます。さらに帰宅直前にもイチョウ並木を通過して、散歩も観葉も十分楽しめました。仕事の遅れは明日も出勤して補いますので、今日の休日出勤途中退出はお許しいただけるかなァ?

 

今日は久しぶりに4万歩近く歩きました。