コロナ自粛解禁?

  • 2020.06.06 Saturday
  • 06:00

JUGEMテーマ:魚釣り

新型コロナウイルスの感染拡大防止の緊急事態宣言も解除され、各方面の多くのマリーナさんでは、6月1日から営業を再開しました。そこで、休日に休んで(?)予約を入れようとしたのですが、休みの取得に難航している間にほとんどが埋まっています。ボート操船と多少の釣りができれば満足なので、空いている艇が多い金曜日に休みを取って、静岡県清水の富士山羽衣マリーナさんを利用しました。

ココはマダイで有名なポイントがありますので、それに対応した準備で向かいます。3月下旬に内浦湾に行って以来、マダイ釣りの最高のシーズンは自粛で通り過ぎてしまっていますが、今日はラッキーパンチ狙いです。

さてまずはお決まりのウオーミングアップからで、大きな清水港の中の江尻ふ頭で竿を出します。いろいろな釣りをしている方々の間にお邪魔して釣りを開始しますが、ココでは武のイトヒキハゼ1尾でした。コマセサビキや投げもやったのですが、他は何も釣れません。富士山も良く見えないので、釣りの方は沖に出ても良くないのかも知れません。

 

9時になり準備を済ませて、今度はボートで三保沖を目指します。通称「鯛場」と呼ばれる名所では、平日なので遊漁船もボートも少なく、釣れそうなポイントに入ることが出来ました。しかし、各種のフグの猛襲にあい、この場所の時間制限である11時までフグだけしか釣れません。

その後は、清水港の湾口の消波堤や消波ブロックの付近に移動して釣りを再開します。道具も仕掛けもマダイ用なのですが、ココでは15cmくらいの小魚が、その針にかかってきました。残念ながら解放することが出来なくなってしまった魚だけをキープです。よく釣れるので楽しいのですが、人差し指と親指を伸ばしたくらいのアジ・サバ・イワシなどばかりでした。小魚と楽しんでいるうちに帰港時刻となりましたので、清水港内をクルージングして観て回り貧果のまま終了です。

帰路も平日とあって渋滞は少なく、無事に帰宅できました。釣果が小さいので、百合子が簡単に調理して、明日いただきます。

帰宅後、風呂に入ったら腕が激痛です。よく見たら右の写真のように、すっかり日焼けしてしまいました。

上の写真は清水港の興津方向のキリン(コンテナ用クレーン)を背景に、今日の艇であるSRXから撮影しました。

 

   釣果情報はココです。
 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM